難聴の原因と対策

難聴の原因と対策

耳が聞こえにくくなってしまう難聴は、私たちの生活を一変させる症状といえます。
そんな難聴を予防するためにも、難聴の原因や対策について見ていきましょう。
まずは、私たちの生活習慣が原因の難聴についてです。
耳掃除を何カ月もやっていない、
ゴミや埃の多い空間で過ごすなど耳に異物が溜まりやすい生活習慣の人は要注意です。
こまめに耳掃除をして、耳に異物を溜めないようにしましょう。
頭を殴られる、突き飛ばされて強く頭を打つといった大きな衝撃を耳に受けてしまうケースでは、鼓膜が損傷する恐れがあります。
鼓膜はある程度の損傷であれば自己治癒しますが、損傷が大きい場合は耳鼻咽喉科で地位量を受けなければいけません。
気圧の差がいきなり変化すると、耳の中の気圧がそれに追い付かず耳が聞こえにくくなることがあります。
飛行機に乗る際には飴を舐めるなど、気圧が変化する場所での対策を怠らないでください。
何の前触れもなく耳が聞こえにくくなる病気を突発性難聴といいます。
ウイルスや細菌が原因といわれていますが、
放っておくと聴力が完全ン位失われることもある恐ろしい疾患です。
耳が急に聞こえにくくなった際には、急いで耳鼻咽喉科を訪れましょう。
耳硬化症という疾患では、耳の奥の部分、
いわゆる中耳や内耳と呼ばれる部位に異常が発生し、ゆっくりと耳が聞こえにくくなります。

手術を行えば聴力を回復出来る病気ですから、早めに病院へ行くのが大切です。
耳が聞こえにくくなると、不安な気持ちが高まります。
1人で悩むのではなく、耳鼻咽喉科で症状を訴え早期回復を目指しましょう。