耳と眩暈

耳と眩暈

ふとした瞬間に頭がクラクラする眩暈に悩まされているという人はいませんか?
眩暈の原因としては貧血などが挙げられますが、実は耳の疾患も関係していることがあるのです。
今回は、耳が関係している眩暈の原因について詳しく見ていきましょう。
耳の病気としてよく知られている中耳炎が、内耳にまで広がると眩暈を引き起こすことがあります。
耳の痛みと眩暈が併発しているときは我慢することなく病院へ行きましょう。
耳の異常に関する眩暈の中でも、
立っているのが苦しいほど激しいのが三半規管の疾患である良性発作性頭位眩暈症です。
この疾患はBPPVとも呼ばれており、三半規管に石ができてしまうことが原因といわれています。
三半規管は私たちの身体がバランスを取るのに一役買っていますが、
石ができてしまうことでこの機能に狂いが生じるのです。
この疾患による眩暈は、何度も経験していると慣れてしまうことがあります。
慣れていれば大丈夫かというと、石が三半規管に付着したままですから根本的に解決したわけではありません。
耳鼻咽喉科では投薬で眩暈の症状を軽くしたうえで、
頭を特定の方向に動かしながら石を体外へ排出するという治療を行っています。
メニエール症と疾患では眩暈とともに難聴や耳鳴り、耳内の異物感といった症状を伴います。
眩暈に悩まされる時間も、BPPVは1分程度ですがメニエール症は1日以上続くことも多いのです。

放っておくと聴力を完全に失うこともある疾患ですから、
ひどい眩暈が1日以上続いたときは耳鼻咽喉科で治療を受けることをおすすめします。
我慢すると症状が軽くなることも多い眩暈ですが、放置しておいても良いことはありません。
耳鼻咽喉科で治療を受けて、快適な毎日を送りましょう。